グラフ

先日の改善ネタに引き続き PageSpeed Insights の小ネタです。

PageSpeed Insights の分析は、デフォルトだとそのサイトに含まれる外部リソースも対象になっています。

例えば、このブログの分析結果から「JavaScript を縮小する」の欄を見ると、はてブボタンやら Google 認証関連やらの JS ファイルが含まれていることが分かりますね。

PageSpeed Insight

これをサイト内のリソースだけを対象に絞って分析することができます。

まず、PageSpeed Insights の URL に「?filter_third_party_resources=true」というクエリストリングを付けた形でアクセスします。

あとは通常と同様に、Web サイトの URL を入力して分析ボタンを実行するだけ OK です。

先ほどの分析結果と比べて、外部の JS ファイルが含まれなくなったはずです。

PageSpeed Insight

純粋にサイト内だけの分析結果を見たい場合に便利なオプション機能だと思いますので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

参考

モバイルフレンドリーから始めるスマホSEO (渡辺隆広のSEO講座)

モバイルフレンドリーから始めるスマホSEO (渡辺隆広のSEO講座)

渡辺隆広
800円(03/29 11:58時点)
発売日: 2015/04/17
Amazonの情報を掲載しています

この記事を書いた人

ko31

岩手県出身、群馬県在住のフリーランスWeb系エンジニアです。
Webシステム・アプリ、Webサービス、WordPress開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。
PHP / WordPress / 高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親

>>もっと詳しいプロフィールはこちら

お仕事のご相談・お問い合わせ

Gosign(ゴーサイン)という屋号でフリーランスの Web エンジニアとして活動しています。
当ブログでの掲載内容はもちろん、Web サイト制作や Web アプリケーション開発などのご相談・ご質問がありましたが、お気軽にお問い合わせください!

合わせて読みたい記事