ブログで季節外れのネタが浮かんだらすぐに過去日時で投稿してしまうのが良いと思う理由

夏
仮説ではありますが、一応自分なりの考えとしてメモ。

昨夏に一度思い付いていたあるネタをすっかり忘れていたのをたまたま思い出したので、すぐブログを書いて投稿したことが先日ありました。それが、下記のエントリになります。

あまりに季節外れなネタなので、はじめは今公開するのは違和感あるし下書き保存だけしておいて来夏にでも公開しようと思ってたんですが、よく考えたら過去日時にして今公開してしまうのがベストな方法では?と思い直し、「2013年8月30日」の公開日時で投稿してみたわけです。

すぐ過去日時で公開する理由

ではなぜそうしたのか?この方法が良いと思った理由として、考えられるメリットをいくつかあげてみます。

最新記事に出ることがない

過去日時にすることでTOPページの最新記事にはあげずに済みます。

こんな真冬に夏休みの記事が上がっても不自然ですし、見る人によっては夏から更新されてないサイトにも見えかねませんしね。

コンテンツを増やせる

下書き保存されているうちはいつまで立ってもサイトの記事数にカウントされませんが、公開さえしてしまえばすぐにでも Google がインデックスしてくれますので。

季節ネタの検索需要に出遅れない

これは感覚的なものなんですが、例えば夏になってからその季節の記事を公開するのでは、シーズン到来前に検索してくるユーザーの閲覧機会を逃してしまう気がするんですね。先に公開されてればいつ検索されても大丈夫かと。

ソーシャルパワーの高いブログならその時期になってからでもドンと拡散できるかもしれませんが、残念ながらこのサイトにはそんな力が無いのでw、地道に検索流入の可能性を上げることを優先する方が良いと思いました。

まとめ

せっかく思いついたネタなら季節外れなものでもすぐ投稿するのがいいんじゃないの、という記事でした。これによる大きなデメリットが考えられるようでしたら、ぜひ教えてください。

ところで、夏休みのお出かけスポットには釣り堀がほんとにオススメですよ。夏になったら先の記事のことをちょっと思い出してみてくださいw

PHPが好きなWeb系エンジニアです。フリーランスでWebサイト制作やWordPressのカスタマイズ、システム開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。
高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親
>>詳しいプロフィールはこちら



シェアする

フォローする