ドラゴンと少年と親と子どもたち

子ども

子どもたち一緒にいられる時間ってとても貴重なんだなあ、と改めて感じたことを書いてみます。

昨年の12月、幼稚園の発表会で息子の年長クラスではエルマーの冒険の演劇をしました。

息子はなんとエルマー役(といってもエルマーは4人いるw)。配役は子どもたちの希望を優先に割り振ったそうですが、運良く息子は希望のエルマーになれたようでとても嬉しそうにしていました。

発表会のエルマーの冒険は、期待を上回る素晴らしい演劇でした。エルマーの衣装が子どもらしくてかわいらしかったり、動物たちとの絡みが楽しかったり、フィナーレのダンスもミュージカルのようでカッコ良かったし…。

準備の大変さ練習の苦労を想像すると、こんなにいいものを見せてくれて先生にありがとうという気持ちでした。

そんな演劇のオープニングの歌は何かのメロディーに乗せた替え歌だったのですが、その歌が優しくて切なくてとても印象的でした。発表会後の家でビデオ上映が何度も開いたので、家族みんながこの曲を覚え、すっかりお気に入りになっていました。

ある日曜日、息子と娘を連れて運動公園に遊びに行きました。

我々父子の最近のブームは、公園でしばらく遊んだ後、家から持参したお弁当を車内で食べるというスタイルで、その日もお弁当のおにぎりや玉子焼きを食べながらのんびりお昼を過ごしていました。

そんな時、車内のラジオから聞いたことがある曲が流れ始めます。みんなですぐにエルマーの歌だ!と気が付いて盛り上がりました。原曲は英語の曲でしたが、優しい雰囲気は劇で聞いたあのまんまで、やっぱり良い歌でした。

家に帰ってすぐラジオ番組のサイトを検索し、あの曲が何だったのか調べました。

それがこの曲でした。

Puff the Magic Dragon – Peter Paul & Mary

P.Yarrow & L.lipton

Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee,
Little jackie paper loved that rascal puff,
And brought him strings and sealing wax and other fancy stuff. Oh

魔法の竜パフは海のそばに住んでいた
秋の霧が立ちこめるホナリーと呼ばれる島で遊んでいた
ジャッキーペーパー少年はいたずら好きのパフが大好きだった
ヒモやロウやおもちゃを持って来てはいつもパフのもとにやって来た

Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee,
Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee.

魔法の竜パフは海のそばに住んでいた
秋の霧が立ちこめるホナリーと呼ばれる島で遊んでいた
魔法の竜パフは海のそばに住んでいた
秋の霧が立ちこめるホナリーと呼ばれる島で遊んでいた

Together they would travel on a boat with billowed sail
Jackie kept a lookout perched on puffs gigantic tail,
Noble kings and princes would bow wheneer they came,
Pirate ships would lower their flag when puff roared out his name. oh!

ふたりは帆をなびかせてボートで旅に出た
ジャッキーはパフの大きな尻尾に座って見張り番
高貴な王様や王子様がふたりにごあいさつ
パフが大きな声で名前をつげると海賊船も白旗下げてごあいさつ

Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee,
Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee.

魔法の竜パフは海のそばに住んでいた
秋の霧が立ちこめるホナリーと呼ばれる島で遊んでいた
魔法の竜パフは海のそばに住んでいた
秋の霧が立ちこめるホナリーと呼ばれる島で遊んでいた

A dragon lives forever but not so little boys
Painted wings and giant rings make way for other toys.
One grey night it happened, jackie paper came no more
And puff that mighty dragon, he ceased his fearless roar.

竜の命が永遠だけど少年はそうじゃない
手作り旗や大きなリングはやがてほかのおもちゃに変わってしまう
ある夜突然ジャッキーはこなくなった
勇敢な竜パフはもう大声で吠えることができなくなった

His head was bent in sorrow, green scales fell like rain,
Puff no longer went to play along the cherry lane.
Without his life-long friend, puff could not be brave,
So puff that mighty dragon sadly slipped into his cave. oh!

悲しみにくれるパフの緑のうろこははがれて落ちて
パフは大好きだった桜の小道にも行かなくなった
大好きなともだちがいないからもう勇気も出ない
勇敢なパフはかなしそうに穴のすみかに帰っていった

Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee,
Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee.

魔法の竜パフは海のそばに住んでいた
秋の霧が立ちこめるホナリーと呼ばれる島で遊んでいた
魔法の竜パフは海のそばに住んでいた
秋の霧が立ちこめるホナリーと呼ばれる島で遊んでいた

Puff, the Magic Dragon: ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)

一説では反戦歌とかドラッグ・ソングとか解釈もされているんだそうですが・・・、自分にはドラゴンと少年は親と子どもたちみたいだと思いました。

今は休日ともなれば一緒に公園に行ったりご飯を食べたりと子どもたちといられますが、成長とともに友だちと遊びに行くようになったり部活に出かけたり別行動をとることが増えていくでしょう。そして、いつかは家を出ることもあるでしょう。

ちょっと寂しいけど、子どもが成長するというのはそういうこと。今一緒にいられる時間ってとても貴重なんだなあ、と改めて思いました。

今日はそんな息子の卒園式です。3年間良い思い出を親にも沢山くれてありがとう、という気持ちで行ってきたいと思います。

photo credit: tony’s pics via photopin cc

PHPが好きなWeb系エンジニアです。フリーランスでWebサイト制作やWordPressのカスタマイズ、システム開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。 高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親 >>詳しいプロフィールはこちら