東海林さだおの丸かじり流「簡単チャーシュー」を作ってみた

東海林さだお先生の『ブタの丸かじり』に紹介されていた簡単なチャーシューの作り方がとても気になったので、試してみたら想像以上に簡単に、かつ美味しくできあがりました。

家に閉じこもって鬱々する日々が続いていますが、塊の肉をガツッと食べるとなんだか気分が上がる気がしていいですね。

以下、もう少し詳しい(といっても簡単ですが)作り方をご紹介します。

簡単なチャーシューの作り方

材料

材料はたったこの2つだけ。「簡単なチャーシュー」というネーミングは伊達ではありません。

  • 豚肉のブロック 400gくらい
  • 醤油

豚肉のブロックは、モモでも肩ロースでも好きな部位を用意するとのことだったので、近所の肉屋さんで豚バラのブロックを買ってきました。

豚バラのブロック
豚バラのブロック。肉っ!という迫力。

豚肉をゆでる

豚肉のブロックを、沸騰したお湯に入れて30分ほど茹でます。

本編に書かれているように、ここでネギだの生姜だの調味料だの何かあったものを入れたくなりますが、それは我慢。ひたすら茹でます・・・。

豚肉を茹でる
ひたすら茹でます。

肉に串を指してみて、肉汁が赤くなく透明になったら OK です。

豚肉を漬ける

次に茹で上がった豚肉を醤油に漬けます。が、このとき本当にびっくりするほど醤油が要ります。

わたしも気が小さい方なので、東海林先生の「このまま死んでしまいたい!」という気持ちを体感しながら、醤油がドブドブ注がれる様子を見ることに。

用意していた醤油があっという間に空っぽになると引き換えに、豚肉がなんとか肩まで醤油に浸かりました。

豚肉を醤油に漬けます
醤油に漬かった豚肉

ちなみに東海林先生のアイデアを拝借して、良さげな大きさのペットボトルをハサミで切って、豚肉を漬ける容器に使いました。

あわれ空っぽになってしまった醤油。

空っぽになった醤油
空っぽになった醤油

豚肉は20分〜30分くらい醤油に漬けると良いそうですが、今回待っている間に別のことしてたらうっかり1時間くらい経ってしまいました・・・。

時間によってしょっぱさが変わるので、しっかり様子を見ながら待ちましょう。

できあがり

たったのこれだけで豚肉のチャーシューができあがり!

豚バラのチャーシュー
チャーシューのできあがり

ただ醤油に漬けただけとは思えないほど、豚肉の脂と醤油がマイルドに溶け込んで、しっかり本格的な味に仕上がりました!

醤油に漬け込む時間が長かった点がちょっと心配でしたが、ほんの気持ち味が濃いかな…くらいで、全然許容範囲のしょっぱさで済みました。

その日の晩はシンプルにスライスしておかずの一品に、次の日のお昼はラーメンのチャーシューにしてみんなで美味しくいただきました。

今度は豚バラ以外の部位でまたチャレンジしてみたいですね。

それと余談ですが、漬け終わった大量の醤油のいい使いみちを知ってる方がおりましたら、ぜひ教えてください。(煮玉子を作ってみたけど、まだたくさん余っていてどうしよう…😅)

ブタの丸かじり (文春文庫)

ブタの丸かじり (文春文庫)

東海林 さだお
発売日: 2000/09/01
Amazonの情報を掲載しています
ヤマサ 業務用しょうゆHL 1800ml

ヤマサ 業務用しょうゆHL 1800ml

675円(06/02 15:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事を書いた人

ko31

岩手県出身、群馬県在住のフリーランスWeb系エンジニアです。
Webシステム・アプリ、Webサービス、WordPress開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。
PHP / WordPress / 高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親

>>もっと詳しいプロフィールはこちら

お仕事のご相談・お問い合わせ

Gosign(ゴーサイン)という屋号でフリーランスの Web エンジニアとして活動しています。
当ブログでの掲載内容はもちろん、Web サイト制作や Web アプリケーション開発などのご相談・ご質問がありましたが、お気軽にお問い合わせください!

合わせて読みたい記事