2018年夏の甲子園出場校の野球部員数を D3.js のバブルチャートで可視化してみました。

実際のページはこちらから見られます。

ちなみに、今大会の部員が多かったTOP5は、花咲徳栄163人、佐久長聖160人、益田東138人、鳥取城北135人、広陵130人。

逆に少なかった5校は、智弁和歌山34人、鳴門45人、丸亀城西46人、折尾愛真47人、大垣日大49人でした。

例によって、元データは週刊朝日増刊号『甲子園2018』からコツコツ拾い集めたもので、下記に全校の部員数も上げておきましたのでもし誤りなどありましたらお知らせください!


この記事を書いた人

ko31

フリーランスのWeb系エンジニアです。Webシステム・アプリ、Webサービス、WordPress開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。
PHP / WordPress / 高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親

>>もっと詳しいプロフィールはこちら