CentOSでコンソールが文字化けするのをLocale変更して直す

CentOS
CentOSにSSHでログインしてコンソールをいじってると、マルチバイト文字が文字化けするのに最近よく出くわします。

いつもつい直し方をど忘れしてしまうので、その対応方法をメモしておきます。

ちなみに環境は、さくらVPS+CentOS6.3の場合です。

現在のロケール設定を確認します。

# cat /etc/sysconfig/i18n 
LANG="C"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

利用可能なロケールを取得します。

# locale -a | grep ja
ja_JP
ja_JP.eucjp
ja_JP.ujis
ja_JP.utf8
japanese
japanese.euc

i18nファイルを変更して、UTF-8の設定にします。

# cat /etc/sysconfig/i18n 
LANG="ja_JP.utf8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

これでアカウントをログインし直せば、ロケールが有効になっているはずです。

photo credit: Nguyen Vu Hung (vuhung) via photopin cc

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad