というわけで、新しい MacBook Pro を買いました。

前回の MacBook Pro は3年くらい前に買ったものでしたが、ディスク容量が逼迫してしてきたことや、仮想環境動かしたり Zoom 繋いだりするとマシンの動きが悪くなることが多くなってきて、ちょっと作業に支障をきたすようになっていました。

今年前半は仕事がバタバタしていて、環境を新しくしたいのはやまやまだけどそこに時間をかける気持ちの余裕がないな・・・という感じだったんですが、最近少し落ち着いてきた頃合いに、ちょうど MacBook Pro 2019年新型モデルが発売されたので、えいっと購入。

タイミングが良くてラッキーでした。

MacBook Pro
スペースグレイのモデル。初めての Touch Bar、Touch ID 付き。

使ってみた雑感

まだ使いだして何日も経ってませんが、とりあえずの雑感です。

Touch ID がいい感じ

指紋認証するのとパスワード打ち込むのとで時間的にはそう大きく変わらないんですが、スッと指置くだけで認証できるのは何とも言えない気持ちよさがあります。

いつも使うものなので、そういう要素も大事ですよね。

Touch Bar は要らなそう

要らない発言をよく目にしたことがありましたが、実際に使ってみてこりゃ使わないなあ・・・と自分でも納得。

これまで必要になったシーンは「esc」を押したかった数回のみ。その「esc」操作も、キーをタイプする感覚が無いので何とも気持ちが悪い。

あと、そもそも何か作業している時に、目線をあの位置に持っていくのも面倒くさいですよね。

USB Type-C への対応

USB Type-C ポートを持ったマシンが初めてなので、その対応が必要になってきますね。

とりあえず、今まで使ってた USB 機器が使えるよう変換アダプタを買いました。

これを機にディスプレイも新しくしたいですねー。

色々物入りにはなってきたり、作業環境を移行するわずらわしさもあったりするけど、新しい物を買うのは気分一新で楽しいですね。

この記事を書いた人

ko31

フリーランスのWeb系エンジニアです。Webシステム・アプリ、Webサービス、WordPress開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。
PHP / WordPress / 高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親

>>もっと詳しいプロフィールはこちら