桜の開花予想が簡単にできる「600度の法則」とは!?

桜

最近ぐっと暖かい日が増えてきて、いよいよ春間近だなあと実感する今日この頃です。

さて先日、車で移動中たまたま聞いていた FM 群馬のラジオで、まったくの素人でもできるという桜の開花日を予測する方法を説明していたんですが、それがとても簡単で面白かったのでご紹介してみます。

桜の開花日「600度の法則」とは

その方法とは、桜の開花「600度の法則」と呼ばれているものです。

法則と聞くと何だか小難しい話に聞こえますが、考え方はとってもシンプルです。2月1日以降の毎日の最高気温を足していって、その合計値が600度を超えると桜が開花するんだそうです。

あまりにざっくりし過ぎて疑ってしまいたくもなりますが、以前この法則を実際に検証したところ、かなりの精度で開花日が当てられるという結果も出たのだとか。自然の法則って不思議ですね!

2012~2014年の過去3年間の気象データを基に、全国10都市の開花状況と「600度の法則」の精度を調べたところ、札幌を除く9都市で「80%以上の確率で、前後3日以内に開花日を当てられる」という結果になった。

via: 桜の開花「600度の法則」って知ってる? お花見好きも驚く的中率

前橋の開花日予想

さてせっかく法則を覚えたので、自分も住んでいる前橋の開花日予想をしてみました。

なお、予想に使う最高気温値は、気象庁のサイトで公開されているデータを利用させて頂きます。

まず、こちらのページから今年の2月~昨日(3月23日)までの最高気温 CSV データをダウンロードします。

CSV を集計したところ、2月1日から3月23日までの合計最高気温は 566.5 度でした。

次に、こちらのページから3月24日以降の過去の平均最高気温を調べて、566.5 度に積算していきます。

日付 過去の平均最高気温 今年2月からの合計最高気温
3月23日 566.5
3月24日 13.9 580.4
3月25日 14.0 594.4
3月26日 14.1 608.5
3月27日 14.3 622.8
3月28日 14.5 637.3
3月29日 14.7 652.0
3月30日 14.9 666.9
3月31日 15.2 682.1

出ました、今年の前橋の開花日は3月26日です!

参考までにウェザーマップの桜開花予想サイトを覗いてみたら、前橋の予想開花日は3月28日。

どちらが当たると仮定すれば、その誤差二日ですから、やはりこの法則なかなか侮れない精度と言えそうですよね。

まとめ

というわけで、桜の開花「600度の法則」の紹介でした。

単に自分で開花予想をしてみるだけでも楽しいですし、これから花見シーズンを迎える幹事さんたちの日程調整として活用するのもいいかもしれませんねー。

PHPが好きなWeb系エンジニアです。フリーランスでWebサイト制作やWordPressのカスタマイズ、システム開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。
高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親
>>詳しいプロフィールはこちら



シェアする

フォローする