しばらくお休みしてしまった Raspberry Pi model B(ラズベリーパイ)のセットアップまとめシリーズ、今回は SSH 接続するための設定方法についてご紹介します。

なお、この記事内で使っているラズパイ環境は Raspberry Pi 3 model B です。環境についての詳細は導入時の過去記事をご覧ください。

固定IPアドレスの設定

SSH 接続するのに Raspberry Pi の IP アドレスがいちいち変わってしまうのでは面倒ですよね。というわけで、まずは固定 IP アドレスを設定します。

Raspberry pi 上でコンソールを開き、/etc/dhcpcd.conf を編集して下記の行を最後に追記します。

interface wlan0
static ip_address=192.168.1.10/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=192.168.1.1

こちらの場合、こんな意味の設定をしたことになります。各値はお使いの環境に合わせて調整してください。

  • 無線LANへの設定なので「wlan0」(有線の場合は「eth0」等)
  • 固定IPアドレスは「192.168.1.10」を指定
  • デフォルトゲートウェイ、ネームサーバのIPアドレスに「192.168.1.1」を指定

編集が終わったら Raspberry Pi を再起動します。

再起動後、コンソールから ifconfig コマンド等を実行して、IP アドレスが設定されていることを確認してください。

SSHの設定

次に SSH の設定をします。

まず Raspberry Pi 上でコンソールを開き、次のコマンドを実行して /boot ディレクトリ直下に ssh という名前のファイルを作成します。

sudo touch /boot/ssh

ファイルを作成したら Raspberry Pi を再起動します。

再起動後、次のようなアラートが出ますが「OK」をクリックして進めます。

アラートメッセージ

デスクトップ画面の上部メニュー→「設定」→「Raspberry Piの設定」を開き、インターフェースタブで SSH を「有効」に設定します。

SSH設定

これで、Raspberry Pi 側の準備は完了です。

SSHの接続確認

別の PC から SSH コマンドで接続してみます。

$ ssh pi@【Raspberry PiのIPアドレス】

パスワードが聞かれたら「raspberry」(ユーザー pi のデフォルトパスワード)を入力してください。

無事ログインできれば SSH 接続成功です!

おわりに

SSH が設定できたので、これでネットワークさえ繋がっていれば家のどこからでも Raspberry Pi に接続できるようになりました。

コンソール上であれこれ作業する人なら、始めにセットアップしておきたい必須設定ですね。