キーボード

タイトルのままですが、WordPressを使っていてEnterキー押下時のsubmitの挙動が使いやすくできてるなあ、と思ったことを書いてみます。

例えば、WordPressで新しい投稿を作成します。

初めにタイトルを書いている時に、ついつい変換処理でEnterキーを押しすぎてしまったような時、まだ作成途中なのに公開されてしまう!と一瞬焦りますが、実際にsubmit実行されるのは「下書きとして保存」ボタンの処理となります。

submit

また、一度公開した投稿についてタイトルを訂正しようとした場合、今度はEnterキー押下で「更新」ボタンの処理が実行されます。

submit

普通にキーボード操作するにしても便利、誤操作を防ぐ上でも考慮がされている。

EnterキーによるフォームのSubmitの挙動は意外に見落とされがちですが、こんなところに目を配ることでユーザビリティが高まる良い例かと思います。

この記事を書いた人

ko31

岩手県出身、群馬県在住のフリーランスWeb系エンジニアです。
Webシステム・アプリ、Webサービス、WordPress開発等を雑多にこなしています。バンカラ応援好きの振り飛車党。
PHP / WordPress / 高校野球 / 将棋 / WordPress / ブログ / 食べること / 二児の父親

>>もっと詳しいプロフィールはこちら

お仕事のご相談・お問い合わせ

Gosign(ゴーサイン)という屋号でフリーランスの Web エンジニアとして活動しています。
当ブログでの掲載内容はもちろん、Web サイト制作や Web アプリケーション開発などのご相談・ご質問がありましたが、お気軽にお問い合わせください!

合わせて読みたい記事