rui live note

WordPress、PHP、子育て、ブログ、将棋、コワーキング、子育て、群馬等に関する日々感じたことを書いているブログです

*

前代未聞な「電王戦×TOYOTA リアル車将棋」、ドライバー力が問われる対局ルールが公開!

      2015/03/03   将棋, 生活 ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リアル車将棋

2月8日(日)に開かれる前代未聞な将棋イベント、「電王戦×TOYOTA リアル車将棋」の対局ルールが公開されました。

下記、公式サイトからの引用です。

持ち時間
4時間切れ負け/チェスクロック方式
車の移動時間も持ち時間に含める

手番
当日行われる振り駒により決定

着手
・指された局面を車で再現して1手とみなす
・着手完了は監督の宣言による
・ドライバーは指し終わっても車の中にいても良い
・相手の手番の際は車の中で待機しても良いが、運転席以外に座る
・必要であれば相手の駒に乗り、動かすことができる

車の移動
・両対局者にそれぞれ、5名のドライバー、
 監督、サポート棋士がつく
・サポート棋士の助言を受けて、監督が5名の
 ドライバーに指示を出し、車を移動させる

将棋盤
縦54メートル×横33.3メートルの将棋盤を使用(通常の将棋盤サイズ14,835.16個分)

ルールの中で注目したいのは、「車の移動」に関する特殊ルールがある点と、持ち時間が4時間切れ負けでかつ車の移動時間も含まれているということ。

本物の自動車を駒になぞらえて西武ドーム内に作られた巨大な将棋盤で対局するという前代未聞の対局スタイルなので、この企画が発表された時から駒が成るときや桂馬が駒を飛び越える時いったい車がどんな動きをするの?と気にはなっていましたが、どうやらその車の移動自体がゲームの大きな要素として絡んでくるようです。

羽生名人陣営には早稲田大学自動車部、豊島七段陣営にはトヨタ自動車テストドライバーがそれぞれチームとして配属。ドライバー紹介PVも公開されていますが、見て頂くと分かるようにお互いのドライバー間での火花の散らし方、本気度が想像を遥かに超えていて面白いですw

TOYOTAの過去の名車・現行車から選りすぐりの車種が将棋の駒として登場するということもあり、単に将棋ファンだけでなく自動車ファンにとっても注目のイベントになりそうですね。

この対局は西武ドームでの現地観覧はできないようですので、興味のある方は2月8日のニコニコ生放送を要チェックです!

ad

この記事が気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • RSS

  関連記事

電王戦FINAL
将棋電王戦FINAL第4局、Ponanzaが圧巻の強さで村山七段に完勝。人間対コンピュータは2勝2敗の五分に!

将棋の電王戦FINAL第4局 村山慈明七段 vs Ponanza の対局は、97 …

電王戦FINAL
11/26に開かれた将棋電王戦FINAL記者発表会の内容まとめ

11/26に将棋電王戦FINAL記者発表会が開かれました。 来春に行われる電王戦 …

プロ棋士名鑑
観る将棋ファンなら手元に置きたい一冊!「プロ棋士名鑑」を買ってみました。

先日、宝島社から発売された「プロ棋士名鑑」を買いました。 観る将棋ファンならこれ …

第2回電王戦のすべて
電王戦FINALをもっと楽しむために読んでおきたい5冊のおすすめ本

将棋電王戦FINAL | ニコニコ動画 電王戦FINALが開幕する3月14日(土 …

電王戦FINAL
将棋電王戦FINAL第2局、永瀬拓矢六段が衝撃の△2七同角不成でSeleneに見事勝利!対戦成績はプロ棋士の2連勝に。

将棋の電王戦FINAL第2局 永瀬拓矢六段 vs Seleneの対局は、永瀬六段 …

こまお
初心者向けにちょうどよい弱さのコンピュータ将棋「こまお」

※この記事は「将棋 Advent Calendar 2016 – A …

Google Cloud Vision API
棋士データベースで遊ぶ(10)〜Cloud Vision APIで棋士の顔写真解析〜

※この記事は「将棋 Advent Calendar 2016 – A …

将棋盤
ハロウィンの仮装ネタにできそうな将棋プロ棋士で打線組んだ

10月になり、あちこちでハロウィンの話題を目にする機会が増えてきましたね。 ハロ …

5585aa8d9493d
「将棋メーカー」という将棋の駒画像ジェネレーターサイトを作りました

仕事が忙しいからとか何やら自分に言い訳をして、気が付けば前回ブログを更新してから …

将棋用語辞書
将棋ブログを書くなら必ず入れておきたい「IME用将棋用語辞書」

何となくはてな界隈で将棋に関するブログ記事を見かけることが増え、将棋ブームが歩み …